2015年5月5日火曜日

[RYUZO]龍三と七人の子分たちを観てきた

参った~maxresdefault

久しぶりに映画館で笑った。

冒頭からキタノ映画っぽい間のとり方から入って、ひと通り笑いを交えながら物語の説明が終わった後は、ずっと笑いを詰め込んで話が進んでいく。

そこまで暴力描写は少ないけど、やっぱりブラックユーモアたっぷりなとこ多いので対象年齢は高めかな。

安田顕のツッコミシーンやバスジャックシーンも良かった。たけしの実話を元にしたあの格好を藤竜也がするとは…かなりの衝撃シーンだと思う。
あとは、もっと各メンバーの技がビシッときまるとこが観たかったかなぁ。

ケツを向けるたびあの効果音を連発してたけど、周りはあまり受けてなかった。あのクドさがちょうど良かったのに。またかよってクスクス笑ってしまう。

あれだけの濃い役者ばかり揃えても、特濃すぎる感じもなく、ただひたすら頭ん中をからっぽにして、後期高齢者が必死に空回りする危うさをを笑う映画。そこがまたカッコ良く見えるのが不思議。

レイトショーでポップコーン食べながら、ゲラゲラ笑うのにちょうど良い映画。
オススメ。

 

サントラとキタノブルー。