2013年9月18日水曜日

[Unforgiven] 許されざる者をみてきた

怒りのシーン、果たして

1307310545017551f8c
観終わって感じたのが、しっかりリメイクしたなーといった感じ。
ちょうどいい塩梅の過不足ない、オリジナルを徹底的にリメイクした作品。

その上で、日本版”Unforgiven”として、オリジナルを越えたかというとどうでしょうか。
オリジナルに勧善懲悪は存在せず、主人公が人殺しに戻ってしまうことで負の連鎖が起こる。
日本版はどうでしょう。
伝説の人斬りが、正義の味方になってしまうのかと思ってヒヤヒヤしてしまった。

出ている俳優陣は素人目から観ても、ハズレ無い布陣で安定感は抜群。
わけのわからん若手の入る余地もなく、重厚な演技でベテラン勢が最後まで演り通します。

個人的には國村 隼がいい感じ。

クリント・イーストウッドのオリジナル”Unforgiven ”を、本作の後でも先でも一緒にセットで観るのがオススメ。
オリジナルが傑作すぎてあれですが、新旧比べることで日本版もいい作品に仕上がってるなと感じられるはず。

パンフレットは読み応えあるので買いです。



クリント・イーストウッドが最後の西部劇と位置づけた作品。傑作です。
マニー役クリント・イーストウッドの吹替は故 山田康雄、
最後の吹替。